読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazz Bass Blog

Exploring The World of Jazz and Low Note

多弦や24フレットのベースギターついて考えてみる/ Thoughts About Multi-String Bass and 24 Fretted Bass

f:id:sethproton:20170408174709j:plain

 多弦や24フレットといったベースギターは今では全く珍しいことではないし、港でも良く見かける。でも本当に必要なのだろうか?

 

結局この問い対する最終的な結論は人それぞれであるし、どんな曲を自分が演奏したいか、という点に収束するので、主観を元に一方が正しいと議論することはできない。

 

 ***

 

 ジャズを演奏する時にハイフレットを使うべき or 使わないべき?と考えていたりすることがある。確かに音は基本的に、高音になればなるほど、メロディアスになるからそれに一度魅了されてしまえば、ローフレットに戻るのは難しい。その上、ハイフレットの方が当然のことながらフレット間隔が狭いので、全体的に弾きやすい。

タッピングだって多弦になると、単純に弦が増えてより楽しくなるし、使えるフレージングが増える。6弦であれば、右手左手を独立可動させて、ピアノのようなソロをすることだって出来る

 

自分の中のベーストラディショナリストは言う。”じゃあ普通にギター(ピアノ)をやればいいじゃん”

 

確かに。多弦や24フレットのベースのハイポジションを極めたところで、ギターの高音には到底届かないし、コードもギターのようにバラエティに富んでいない。タッピングに関してもまた然りだ。

 

それに加えて、ベース本来の役割を再び見直してみると、やっぱりハイフレットで弾くのは理にかなっているようで理にかなっていない。ベースはドラムとのコンビでリズムを作って、”ベース”ノートでハーモナイズして、ソロ楽器をサポートする。

 

話は変わるがジャコパストリアスのプレイスタイルはどうなんだろうか。彼はソロで巨大な左手がローフレットを動き回っていたけども、特徴的なベースラインと人工ハーモニクス、ソロの長さでベースギターという楽器の固定観念をぶち壊した。彼が生きていた時代には多弦はあったけど、現在ほど普及していないので、もし彼が今生きていたら、多弦を使用してギターライクなソロをしていたのか気になる。彼のアイデンティティでもあるあのプレイスタイルは完成されていたからこそ多弦を使用しないのか、それとも多弦を使って新しいことをやるのか。

f:id:sethproton:20170405153754j:plain

 

話を戻すと、アンサンブルにおけるベースという役割で見るとやっぱり、多弦や24フレットはふさわしくない気がする。なぜなら単純に、それらを使うと音域が別の楽器とかぶってしまうからだ。実際に、オールドスクールジャズベーシストたちも高音をメインに駆使しまくるのはあまり多くない。(エディゴメスとかは例外として)

 

ジャズにおけるベースソロのいいところは、これも主観的だけど、ピアノのコード、ドラムのスウィングという静かなバックグラウンドがある中、ベース奏者が味のあるローノートを弾くことで、全体的に曲を見たときに、ソロ奏者の時とベース奏者の時のグルーブにコントラストをつけることができるところではないか。だからソロ奏者がメロディに戻った時により際立つという構成が自然に出来上がる。ではこの時にウッドやエレキでハイフレットのみでギターライクな演奏をしたらどうなるんだろう?少なくとも自分はジャズギターのコンボに耳が聞きなれしまってるために、そのベーシストがギターライクなソロをしたら、それをカバーするベース音が聞こえなくて物足りなさを感じる。(もしかしたらバンドによってはピアノがベースノートをサポートしてくれるかも)それに加えて前述したソロ奏者を際立たせるコントラストの恩恵もあまり受け難い?のかもしれない。

 

 しかしクラッシックのコントラバス奏者、ゲーリーカーを例にとると明確なように、完全に独立したソロ奏者としての視点で見ると、話は全く別問題になる。少なくともこの世にローノートだけをバンバン駆使して、完全にソロをするベース奏者は滅多にいないし、それで有名になったということも聞かない。多くはハイポジションやコード奏法といったよりメロディアスとテクニカルを兼ね備えた弾き方で彼らのレパートリーを色付けている。

f:id:sethproton:20170405153713j:plain

 結局のところ、どんな曲を自分が演奏したいのかは勿論のこと、それをサポートするバンドの楽器は何か、コンセプトは何か、それともベース一本のソロ奏者なのか 

といったように色んな変数に左右されるから、やっぱり一概に何が正しいかとは言えない。

 

自分を例に例えると、私はアンサンブルの中で、ウッドベースでは低音域、中音域でソロを作るのが好きだ。でもエレキベースギターを使う時は有名なソロの分析する時や、ベース一つでコード奏法を使ってソロを組み立てる時なので、ハイポジションをメインで使うことが多い。

 

あなたは多弦や24フレットのベースギターは必要だと思いますか?

 

Steve