読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazz Bass Blog

Exploring The World of Jazz and Low Note

1万6000円で買った新品六弦ベースのレビュー/ Product Review for Douglas WOB 826

Rondo Music アメリカ ベース

ミネアポリスは寒い。でも慣れてきた。今は気温0度を寒いと感じ、10度近くになると暖かいと感じる。人間の適応能力は不思議だ。私がCAに居たとき、ミネソタ州から先輩が遊びに来た時があった。時期は真冬だったので、当然ながら歩行者は冬着を羽織っていたのだが、彼は半袖を着ながら、表情一つ変えずに「ここは暖かいね」 と言っていたのが印象に残っていた。今になって分かる。あれは強がりではなかった。

さて、タイトルにあるとおり、ベースの話です。新しく買った六弦ベースのレビュー。ちなみに私はギアに詳しい人間じゃないし、拘る人間でもないので(私の所持する残り2つのベースも二万以下) 素人目線のレビューになります。

 

購入に至った理由は、今のジャズ系のサウンドで六弦があると便利だと感じた。low- B(六弦目) はウォーキングベースラインの時に、low-D かEbを弾ければなと感じていて、Hi-C(一弦目)はメロディーライン弾いたりインプロヴィゼーション(即興)の時などにあると役に立つと考えていた。ああ、あと、私が今期、大学に作ったジャズクラブ、今人数少なくて(7人くらい)メンバーも不定期に来るから、ギターとかのコードをカバーしたかった。

 

 

 

Douglas WOB 826の魅力

最初に買うときは、Ibanezの506がずっと気になっていて、ebayとかで値段交渉してた。しかし六弦ベースを更に詳しくリサーチしていたら、Rondo Musicというのをよく目にするようになった。どうやらローエンドモデルに名声があるらしい会社だ。Talkbassのレビューを見てみると、評価も悪くなく、値段以上の楽器を作る会社だと聞いたので、この噂に一か八かで賭けてみようと思った。

 

f:id:sethproton:20161104143302j:image
-お馴染みの石鹸ハムバッカーが、そのスタンダード性を主張するかのように2つ搭載されている。-

まず注目すべきはその値段だ。34スケールでアクティブピックアップ。$160でアクティブって既に価格破壊している。同価格帯ではないけど、一番安い六弦アクティブモデルって、Ibanezの206なんだよね。日本では販売してないけど。 それは新品が$300ドルぐらいなのだけど、ブリッジが安っぽいから買おうとは思わなかった。

 


f:id:sethproton:20161104143809j:image

 (写真ではフィンガーランプがついている)
f:id:sethproton:20161104143822j:image

Douglasは作りがその点非常にしっかりしてる。本当に$160ドルなのかと、目を疑うほどだ。ブリッジの機構はIbanezより酷くないから気に入ってる。更にボディーの木はフェンダーでお馴染みのアッシュで、ネックはメープル、指板はローズウッド。

EQは、ボリューム、ベース、トレブル、ブレンド。

 肝心の音は、アクティブらしい明るい音。スラップすると良い音、とでも言うのでしょうか。トーンをコントロールすればジャズにも使えるので、本当に欠点なしです。(※ちなみに弦はダダリオに変えました)


f:id:sethproton:20161104155110j:image

 

ギターセンター(アメリカの大手ギターショップ)でESP LTDの六弦を試奏したときは音が、ギラつきすぎてすごい違和感を感じた/私の好きな音ではないと思ったけど、このDouglasは丁度いい。明るすぎず、ミドルも響く。 ネックもそのLTDより細く、使いやすさがある。ただ、Low-Bは音色では五弦に劣るところがあるけど、六弦目自体、あれば便利という感じなので、特に気にしていない。
あと、ボディが軽い。3.85kg で、私の四弦ベース、スクワイアより軽い。

 唯一の欠点は、これはハイエンドモデルとのボーダーラインなのだろうけど、チューナーが良くない。単純に安いから狂いやすい。毎回演奏するときはチューン必須です。

 

以上がレビューです。総合的にみて$160でこのクオリティは信じられないです。

ちなみにRondo Musicという知る人ぞ知るメーカー、$425でカスタムショップもやってます。完全に価格破壊してますね。
f:id:sethproton:20161104151021j:image

ハイエンドモデルによくあるスルーネックやファンドフレット、独立構造のブリッジもオーダーできる(しかも全て$425で)ので、気になっている方は試してみるのも良いかもしれません。

 

 

Final Thought 

Rondo Music の楽器は素晴らしく、値段以上の価値があると思います。

 

 

追記(11/17/2016):最初に開封して、試奏した時に、指先が汚れることがありました。どうやら弦ではなく指板に埃がついているようなので、拭いて汚れを取るといいです。